まつげは長いことにこしたことはありません!

小学校6年生くらいからまつ毛の長さが気になり始めました。

 

「まつ毛が長いほうがカワイイ!」と漠然と思うようになり、
鏡で自分のまつ毛の長さを確認していたりしました。

 

私ももともとまつ毛は長いほうでしたが、
お友達にとてもまつ毛が長い女の子がいて小6で1cmくらいあったと思います。
負けず嫌いなのでこのくらい長くしたい!と思い、いろいろと方法を調べました。

 

「まつ毛を毎日刺激して毛根を鍛えれば長くなる」と子供向けの漫画雑誌に書いてあり、
それから毎晩まつ毛を軽く引っ張って毛根を刺激するようになりました。

 

但しあまり強く引っ張ると当たり前ですが抜けてしまいます。
あくまでも軽く、毛根を刺激する程度に。

 

毎晩続けてしばらく経つと、明らかにまつ毛が伸びていました!

 

上まつ毛は1mm程度でしたが、
下まつ毛が見てわかるほど伸びてボリュームも出ていました。

 

毛根を鍛えることで生え変わりのスピードが遅くなり、
長く伸びたまつ毛が生え変わらずにさらに伸びるのだと思います。

 

まつ毛を軽く引っ張るという方法を具体的に説明すると、
目を開けた状態で人差し指と親指でまつ毛をつまみ軽くクイクイと引っ張る感じです。

 

先程も言いましたが、抜けるほど強く引っ張らないように!

 

確実に伸びます。

 

いまでは毎日のメイクもマスカラ派でつけまつげいらずです。

 

毎日コツコツとまつ毛を伸ばす方法関連ページ

まつげが短くなってきた
大学時代はまつげが長かったのに、年齢と共に次第とボリュームダウンしてきているのでなんとかメイクでしのいでます。
まつげパーマやまつげエクステが魅力的に感じます
まつげパーマやまつげエクステが魅力的に感じているのですが、ビューラーからまつげパーマに変更してみました。お店の施術より自分で施術した方がメリットも多くオススメですよ。
まつ毛が短くてコンプレックスでした
まつ毛が短いことがコンプレックス、つけまつ毛は少し面倒だからまつエクを付けてみました。
私がマツゲ命になるまでの経緯について
バブル時代のしっかり眉毛&真っ赤な口紅メイクだつた私が、マツゲパッチリメイクになるまでの記録。
まつ毛が少ない事で悩んでいました
私の場合、まつ毛が細くて少ないので、どうしてもボリューム不足になってしまうのが悩みです。解消方法はないのでしょうか?やっぱり専用の美容液が必要かも。